飾らない銀行 京都銀行 金融機関コード:0158
サイトマップ
HOME 個人のお客さま 法人・個人事業主のお客さま 株主・投資家のみなさま 採用情報
京都銀行ホーム > 個人のお客さま > 京銀ダイレクトバンキング > コンピューターウィルスや不正な電子メールにより、「第二暗証番号」等を入力させる手口にご注意ください
いつでもどこでもご利用OK!
インターネットバンキング ログイン
京銀ダイレクトバンキングご利用の手引き
インターネットバンキング体験版
不正送金、フィッシング対策ソフトを無償配布中です。ぜひ、ご利用ください!
PhishWallプレミアム ダウンロードはこちら
投資信託・外貨預金に関するご注意事項について
投資信託
外貨預金
ダイレクトバンキング サービスのご案内
メンテナンス情報
システムメンテナンスのため、ご利用いただけない日時をお知らせします。
お問い合わせ先
京都銀行ダイレクトバンキングセンター

住宅ローンのご相談

シミュレーションコーナー

【重要】コンピューターウィルスや不正な電子メールにより、「第二暗証番号」等を入力させる手口にご注意ください


 他の金融機関において、お客さまが個人のインターネットバンキングにログインされた直後等に、偽画面を表示し、暗証番号等お客さまの重要な情報を入力させ、不正な振込を行うという犯罪の発生が報道されています。

 それらの偽画面はいくつかのパターンがあります。いずれも巧妙な手口で暗証番号等の入力を求めるものであり、十分ご注意ください。

 また、これらの被害はお客さまのパソコンがコンピューターウイルスに感染することにより発生するものであり、セキュリティ対策ソフトや当行が無償配布している「Phishwall プレミアム」を導入し、常に最新の状態に更新してご利用ください。


当行インターネットバンキングのポイント
当行インターネットバンキングご利用の流れ

会員カードの裏面に記載しております『第二暗証番号』の一部の入力をお願いするのは、振込等の取引を実施される場合や、サービス利用登録、ご登録情報を変更される場合だけです。

振込取引等や各種登録の入力画面、または確認画面を表示せずに、『第二暗証番号』の入力だけをお願いすることはありませんので、絶対に入力しないでください。

インターネットバンキングの暗証番号やパスワードを電話や電子メール等でお尋ねすることは一切ございません。

セキュリティ向上や会員カード再発行を理由に、会員番号や暗証番号、パスワードを入力していただくような電子メールやインターネット上の画面はございません。

「第二暗証番号」全ての数字を入力いただくような画面や電子メールもございません。

当行を騙る不審な電子メールを受け取られた場合や、偽画面が表示された場合は、当行までご連絡くださいますようお願いします。少しでも不審に思われたらご連絡ください。  


新聞報道等による他行事例

偽の画面で、通常は同時に入力することがない暗証番号やパスワードを同一の画面または連続した画面に入力させる。

当行でいう「暗証番号」「ログインパスワード」「第二暗証番号」を同時に入力させる手口。

通常は全ての数字を入力することがない暗証番号やパスワードについて、全ての数字を入力させる。 あるいはエラー等の理由で数回に渡ってすべてのケタを入力させる。

当行でいう「第二暗証番号」の10ケタ全ての数字を入力させる手口。

真正な画面からログインした直後、「ダウンロード中です」、「読込中です」等の偽画面を表示し、お客さまの正当な第二暗証番号を入力させて、あらかじめ仕組んでおいた不正な振込をお客様に実行させる。

当行でいう「第二暗証番号」4ケタを入力させる手口(お客さまの暗証番号を盗取するのではなく、お客さまに不正な振込みをさせる手口)。

あたかも銀行がセキュリティ向上に関する手続きを依頼するかのような電子メールを送信し、利用者を偽の画面に誘導する。


お問い合わせ先
京都銀行ダイレクトバンキングセンター
0120-075-209
受付時間 9:00〜21:00(月〜金) 
※ただし銀行の休業日は除きます。
(平成26年12月10日現在)

前のページへ戻る ページトップへ戻る