京都銀行について

閉じる

2.得浄明院 庖勝一條流奉納式(東山区)

信州善光寺大本願の京都別院である得浄明院。毎年5月13日、白天龍王社の例祭で、藤原時代(平安時代中期)から続く流派「庖勝一條流」による「式包丁」が奉納される。食材に手を触れず、包丁とまな箸のみでさばいて捧げる伝統の技は、厳かにして実に優雅である。