京都銀行について

閉じる

1.秋の光明院(東山区)

1391年に建立された光明院は、東福寺の塔頭のひとつ。庭の苔の美しさから「虹の苔寺」の別名をもつ。「波心庭」と称される枯山水庭園は、昭和を代表する作庭家 重森 三玲氏が手がけたもの。秋、吉野窓越しに見る庭園は、苔むした築山、立石、そして赤い紅葉がコントラストを成し、絵画のように美しい。