飾らない銀行 京都銀行 金融機関コード:0158
サイトマップ
HOME 個人のお客さま 法人・個人事業主のお客さま 株主・投資家のみなさま 採用情報
京都銀行ホーム > 個人のお客さま > 投資信託 > 『少額投資非課税制度』NISA(ニーサ) - NISAの概要 -
個人のお客さま
ネット専業支店にはおトクがいっぱい
お取引はこちら
いつでもどこでもご利用OK
お取引はこちら
インターネットを安全にご利用いただくための対策について
万全のセキュリティ対策で安心インターネット!
不正送金、フィッシング対策ソフトを無償配布中です。ぜひ、ご利用ください!
PhishWallプレミアム ダウンロードはこちら
投資信託・外貨預金・保険商品・公共債に関するご注意事項について
投資信託
外貨預金
保険商品
公共債

住宅ローンのご相談

シミュレーションコーナー

店舗・ATMのご案内
金利のご案内
手数料のご案内
休日窓口営業店舗のご案内
セミナーのご案内
決算公告
お問い合わせ
資料請求
マーケット情報

『少額投資非課税制度』NISA(ニーサ)


NISAの概要 申込方法
資料請求はこちら

NISA(少額投資非課税制度)の概要
1
非課税口座開設期間: 平成26年1月1日から平成35年12月31日(10年間の時限措置)
2
お申込できる方: 非課税を受けようとする年の1月1日現在で20歳以上の方。
3
勘定設定期間/基準日:
第1期・ 平成26年1月1日〜平成29年12月31日/平成25年1月1日
第2期・ 平成30年1月1日〜平成33年12月31日/平成29年1月1日
第3期・ 平成34年1月1日〜平成35年12月31日/平成33年1月1日
4
口座開設数: 各年ごとに1金融機関1投資家1口座の開設が可能。
同一の勘定設定期間内であっても、非課税管理勘定を設定する金融機関を変更することが出来ます。
同一の勘定設定期間内であっても、非課税口座を廃止した後に、非課税口座の再開設をすることが出来ます。
5
非課税対象: 国内上場株式等の配当・譲渡益、国内株式投資信託の分配金・譲渡益
6
非課税投資枠: 毎年、新規投資額で120万円が上限です。(未使用枠は翌年以降繰越できません。)
7
非課税投資枠総額: 最長5年間で600万円です。(120万円×5年間)
8
途中売却: 自由です。(ただし、売却部分の枠は再利用できません。)
9
期間満了時: 以下の2通りの移管が可能です。
@ 非課税期間終了の翌年1月1日に新たに設定される非課税管理勘定に移管。  
(移管日の時価で120万円以内の部分が移管可能です。詳細な手続方法は未定です。)
A 非課税口座から払い出し、一般口座又は特定口座への移管。  
(特定口座へ移管する場合は、移管日を取得日、移管日の時価を取得価額として移管可能です。)

ページトップへ戻る



NISA(少額投資非課税制度)のタイムテーブル


投資信託に関するご注意事項について

前のページへ戻る ページトップへ戻る