金融機関コード:0158

平成27年4月20日(月)に、京銀でんさいサービスの機能追加を実施いたします。主な変更点は以下のとおりです。

項番 追加機能 概要
1 複数譲渡記録請求(画面入力)機能 譲渡記録メニュー画面から、一度に複数の譲渡(分割)記録請求を行うことが可能となります。
2 一括記録予約取消機能 一括記録請求を予約請求で行った場合、一括記録請求のサブファイル単位で全明細を一括で予約取消をすることが可能となります。
3 一括記録請求のエラー情報確認機能の改善 でんさいネットでエラーとなった場合、エラーとなったすべての請求のエラー内容を確認することが可能となります。
また、エラー情報を画面上でも確認することが可能となります。
4 一括記録請求における導入テスト機能 一括記録請求(画面からのファイルアップロード)について、導入テストを実施することが可能となります。
5 照会機能(開示・取引履歴)における機能の改善 開示の照会結果画面に、表示項目(最新債権情報の合計件数・金額、各債権の発生日)や出力可能帳票(債権明細一覧表)が追加されます。
また、取引履歴情報(被請求者となる記録通知・予約通知)を共通フォーマット(配信1)形式でダウンロードすることが可能となります。
6 同一通知/宛先のメール集約機能 複数ユーザに同一のメールアドレスを設定している場合、同一の通知は集約され、メールアドレス単位で配信されます。
7 メール利用有無の設定機能 作業依頼(承認依頼等)メールやでんさいネットからの通知メールの一部を受信しないよう、ユーザ単位で設定することが可能となります。
8 取引1回当たり限度額管理機能 承認者が1回の取引で取扱い可能な上限金額(取引1回当たり限度額)を設定することが可能となります。
9 承認管理機能 記録請求等の取引を行うにあたって、仮登録時に承認者を指定することや、2名の承認者(ダブル承認)を必須とすること等が可能となります。
10 ソフトウェアキーボード機能 承認パスワードをソフトウェアキーボードで入力することが可能となります。

上記の機能追加に伴い、「京銀でんさいサービスご利用規定」を一部改定いたします。
詳しくは、こちら(新旧対照表)をご覧ください。

Copyright © Bank of Kyoto, Ltd. All Rights Reserved.