金融機関コード:0158

 当行では、京銀インターネットEBサービス(以下「法人IB」といいます。)を安全にご利用いただくため、不正送金対策ソフト「PhishWallプレミアム」や、セキュリティ強化策として「ワンタイムパスワードサービス(スマホ認証機能付)」および「トランザクション認証」をご提供しております。

 近時、インターネットによる不正送金等の被害が全国的に発生し、その手口も巧妙化していることを踏まえ、2021年2月1日(月)より、法人IBの税金・各種料金の払込み(ペイジー)サービスにおける利用限度額の取扱いを変更いたします。

 今後は、法人IB税金・各種料金の払込み(ペイジー)サービスで、民間の収納機関へ払込みをされる場合は、「ワンタイムパスワードサービス(スマホ認証機能付)」または「トランザクション認証」のいずれかのセキュリティ強化策をご利用いただく必要がございます。

 上記のセキュリティ強化策を利用されていないお客さまは、お手数をおかけいたしますが、「京銀インターネットEBサービス ワンタイムパスワードサービス(スマホ認証機能付) 利用申込書」または「京銀インターネットEBサービス トランザクション認証 利用申込書」により取引店宛にお申し付けください。

 お客さまにご不便をおかけいたしますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

1. 税金・各種料金の払込み(ペイジー)サービスにおける口座1日あたり利用限度額の取扱いの変更
変更前 変更後
収納機関(払込先) 利用限度額 収納機関(払込先) 利用限度額
国・地方公共団体等+
民間
(※1)
50万円 国・地方公共団体等
(※1)
上限なし
民間
(※1)
<セキュリティ強化策(※2):利用なし>
0円
<セキュリティ強化策(※2):利用あり>
0~50万円(※3)
※1. 「国・地方公共団体等」とは収納機関番号の上2桁が「00~49」の収納機関、「民間」とは収納機関番号の上2桁が「50~79」の収納機関をいいます。(納税であっても、地方公共団体から受託された収納代行会社が取扱っている場合は、「民間」の収納機関への払込みとなりますので、ご注意ください。)
※2. セキュリティ強化策とは、「ワンタイムパスワードサービス(スマホ認証機能付)」「トランザクション認証」をいい、いずれかの強化策をご利用のお客さまにつきましては、従前の利用限度額を設定いたします。
※3. 利用限度額は、お客さまの法人IBの税金・各種料金の払込み(ペイジー)サービスのご利用状況に応じて設定いただくことができますので、お手数をおかけいたしますが、「京銀インターネットEBサービス(1日あたり)振込/振替等利用限度額変更依頼書」により取引店宛にお申し付けください。
2. 実施日時
2021年2月1日(月)

お問い合わせ先

京銀 EBサービス照会センター

0120-075-822

  • 京銀インターネットEBサービスの操作に関するご照会
    受付時間 9:00~21:00
    (月~金、銀行休業日を除く)
  • 京銀インターネットEBサービスの操作以外に関するご照会
    受付時間 9:00~17:00
    (月~金、銀行休業日を除く)
Copyright © Bank of Kyoto, Ltd. All Rights Reserved.
お困りの方はこちら
チャットでご質問 よくあるご質問
バナーを隠す