あなたはどんな働き方がしたいですか?

働くということ

働くってどういうこと? 人によってその考えや想いはさまざまだと思います。
内定、就職があなたのゴールではありません。そこから全てが始まるのです。
その先何十年と続く自分の未来をどう過ごしていきたいのか、
またどんな働き方をしたいのか、じっくり考えてみてください。
ここでは京都銀行での働き方をご紹介します。

この地域で暮らし、働く

京都銀行の働き方の特徴は、自分の人生のホームグラウンドを自分で決めて、そこで暮らし、働くことができるという点です。これから皆さんにはさまざまな人生のイベントが待っています。あなたはこれからの人生を誰と、どこで送っていきたいと考えますか? 京都銀行は、この地域で、地域のために働き、地域とともに成長していく、そんな働き方をご提案します。

ワークライフマネジメントを推進
~仕事と生活の充実から活力を生み出す~

生産性革新

付加価値の高い仕事を実践

京都銀行では、仕事の抜本的な改革による生産性の革新的な向上を目指して、さまざまな取り組みを進めています。
行員一人ひとりが、お客さまの期待を超えるワンランク上の仕事に挑戦し、お客さまのために、付加価値の高い仕事を実践しています。

7アップ考動

余暇を活用し、充実した生活を

京都銀行では、働き方改革プログラム「7アップ考動」を推進しており、その取り組みのひとつが、「全部店19時完全退行」や年間42日に及ぶ「定時退行日」の実施による「余暇の創造」です。余暇を活用し、家族や職場、地域とのつながりを深め、また自己研鑽に励み、充実した生活を送ることで、仕事の生産性が向上し、仕事を充実させることができるのです。

柔軟な働き方の推進・有給休暇の取得推進

連続休暇

5日間(年1回)
- 土・日曜あわせて9連休-

ジョイフル休暇

2日間(年1回)
- 土・日曜あわせて4連休-

ふれあい休暇

1日間(年3回)

ハローパパ休暇

男性の育休取得推進を目指して最大5日間、子どもが満1歳になるまでに有給で取得。

「健康経営優良法人2019」にも認定されました。

健康経営優良法人2019

京都銀行では健康経営に関する取り組みが評価され、「健康経営優良法人2 0 1 9 」に認定されました。今後も従業員の健康維持・増進に向けた取り組みを推進し、従業員一人ひとりが意欲・能力を十分に発揮し活躍できる職場環境づくりに、より一層積極的に取り組んでまいります。