メニュー
カート

現在カート内に商品はございません。

■法人企業のシェア福利厚生施設■ ゴールド会員権

330,000円 (税込)

シェアオフィス&宿泊(6名まで宿泊可)が
一緒になった施設 ~日本三景の天橋立「自強館」


2024年4月から半年間の利用権(期限延長・期限満了退会可)
ゴールド会員 330,000円(税込)

【ゴールド会員】
・利用期間:2024年4月1日~2024年9月30日までの利用
・1階シェアオフィス:会員期間中24時間いつでも利用可(予約不要)
・2階宿泊利用:会員期間中8泊 利用可能(利用前予約要)
 3人まで同時に宿泊できます(追加料金で最大6人/日まで宿泊可能)



【概要】

日本三景「天橋立」のそばの、パワースポットとして有名な「元伊勢籠神社」「眞名井神社」はご存知でしょうか?

伊勢神宮に奉られる天照大神・豊受大神がこの地から伊勢に移されたという故事から元伊勢と呼ばれる、古社です。籠神社の奥にて、天照大神と豊受大神が4年間暮らされ、その後、天照大神は現在の三重県伊勢市にある伊勢神宮(内宮)に遷られ、約450年後、豊受大神は天照大神に呼ばれ伊勢神宮(外宮)へ遷られました。それ故、伊勢神宮の元という意味で、「元伊勢」と呼ばれるようになった由緒ある神社です。

そんなパワースポットの目の前に「自強館」はあります。

ポストコロナで、大手企業だけではなく中小零細企業においても従業員の働き方を見直さなければならくなりました。
しかし、「福利厚生の充実」や「リモートワーク用サテライトオフィス開設」は、1社単独では資金的な負担が重く難しい事から、サテライトオフィスの開設を断念されている法人向けに、「法人企業のシェア福利厚生施設」としてサービス開始をしたのがこちらの自強館です。

この「自強館」は半年契約ですので、会社の業績によって年毎に入会と退会が可能であり、また導入に際しての初期費用負担は不要です。(1年間契約も可能)
会社の「福利厚生」として社長と従業員さん達とのコミュニケーションの場に、或いは、従業員がご家族と利用できるように、泊まって楽しく仕事をするシェアするサテライトオフィスです。
中小零細企業だからこそ従業員の働き方を見直しませんか?

従業員向け福利厚生施設として(※福利厚生費に関しましては担当税理士様やその他専門家にご相談下さい。)、1階は利用期間中24時間利用可能なシェアオフィス(コワーキングスペース+会議室)、2階は完全プライベート宿泊スペース。

コロナ禍は多様な働き方をもたらし、今後中小零細企業は人材確保のために、多様な働き方への改革や福利厚生の充実が必要な時代となりました。
しかし、1社単独で福利厚生施設・別荘を保有するとなると資金的な負担が重くのしかかります。
法人複数社で自強館をシェアする事で、低コストで福利厚生を充実させる事ができます。


【唯一無二のロケーション】
目の前には、丹後一宮元伊勢籠(この)神社があり、天橋立の松並木も近く、唯一無二の絶好のロケーションです。詳しくはページ下部の”商品イメージ”をご参照下さい。


【終わりに】ポストコロナに働き方を改革したい企業様へ
社内団結 :経営者と従業員のコミュニケーションの場として
働き方改革:従業員の多様な働き方を実践する場として
意識改革 :他の利用者企業との交流から従業員の創発の場として
人材獲得 :会社の福利厚生PR施設として

「仕事」×「遊び」を、宮津市天橋立「自強館」でお待ちしております。


■■■ さらに詳細は、下記「商品イメージ」をご確認下さい ■■■

商品コード:jikyokan_2023_gold
  • 送料無料
カテゴリから探す
宿泊・体験
宿泊・レジャー
送料無料・送料込み
テーマ・目的から探す
ビジネス商材

送料や店舗概要についてはページ下部をご覧ください。

数量:

カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
【配送に関しまして】 ご注文後、ご利用権に関する資料一式を1週間前後で発送させて頂きます。 その後弊社スタッフからの詳細説明の後、利用権の契約を締結させて頂き、ご利用スタートとなります。詳細は弊社までお問合せ下さいませ。
配送方法 価格に含む(価格に含む)
送料(税込)
全国一律 …¥0
お届け目安 ご注文確定日より約1週間後発送予定
店舗名

日本の田舎体験と古民家をすすめるお店

〒621-0052

京都府亀岡市千代川町千原2-8-24

電話番号:0771257110

返品・交換
店舗詳細・プライバシーポリシー等はこちら

元伊勢籠神社目の前!

自強館は「元伊勢籠神社」の道を挟んだ目の前という、唯一無二のロケーションに建っています。
2階の宿泊スペースの大窓からは、神社や鳥居を一望する事ができます。

【元伊勢籠神社とは?】
伊勢神宮に奉られる天照大神・豊受大神がこの地から伊勢に移されたという故事から元伊勢と呼ばれる、古社です。
籠神社の奥にて、天照大神と豊受大神が4年間暮らされました。
その後、天照大神は現在の三重県伊勢市にある伊勢神宮(内宮)に遷られ、
約450年後、豊受大神は天照大神に呼ばれ伊勢神宮(外宮)へ遷られました。
それゆえ籠神社は伊勢神宮の元という意味で、「元伊勢」と呼ばれるようになったのです。
全国に天照大神が住まわれたという「元伊勢」がありますが、
天照大神と豊受大神が一緒に住まわれたのは、宮津市の籠神社だけです。

奥宮 眞名井神社

元伊勢籠神社の奥宮「眞名井神社」。天照大神と豊受大神を祀った眞名井原がある地です。

この眞名井神社の鳥居をくぐって左側には「天の眞名井の水」が流れています。著名人を含め、全国から多くの方がこの水を汲みに訪れる程ご利益があると言われています。

天橋立観光船・松並木へ徒歩すぐ!

自強館から50mの所に天橋立観光船のりば 一の宮駅があります。
また、徒歩5分程度で有名な天橋立の松並木にも到着します。
天橋立観光にもぴったりなロケーションです。

法人様の福利厚生施設・リゾート別荘として!

コロナ禍による働き方改革が進みました。ポストコロナは、中小・零細企業こそ、人材確保のために、「オフィスワーク」と「テレワーク」を柔軟に切り替える ハイブリッド型の新しい働き方の実践、福利厚生の充実が不可欠になると弊社は考えております。

しかし、中小・零細企業単独でサテライトオフィスや福利厚生施設を保有するのは現実的に不可能に近いです。 そこで今回、京都府宮津市の天橋立近くでサービスを開始するのが、 「中小企業オープンイノベーション・ゲストハウスのサブスクサービス」です。

本施設「自強館」をご利用頂く事で、中小零細企業の従業員の皆様に、下記のメリットを提供致します。
①福利厚生を低コストで充実: 共同利用とすることで1社単独で実施するより大幅に低コスト化を実現
②オープンイノベーションの創出: 分野の異なる企業の社員どうしの交流促進によりイノベーションを創出
③福利厚生の高度化: 地域の様々なサービスとも連携することで福利厚生の高度化、地域活性化を実現

本施設を利用頂く従業員様に対し、自然・文化の魅力溢れる宮津市天橋立地域において、「豊かな田舎体験の提供」、 「働き方改革による新たな働き方提案」について、本事業を通じて取り組み、 地域交流体験から最終的には移住への橋渡しとしての好循環を構築し、地域経済の 活性化に貢献して行きたいと考えております。

自強館へのアクセス

所在地:〒629-2242 宮津市字大垣小字宮ノ浜108番1

◆車で : 京都縦貫道「与謝野天橋立IC」下車後、約10分
◆電車で : 京都丹後鉄道 宮豊線「天橋立」下車後、タクシーで約15分

関連商品

この商品を見た人はこんな商品も見ています

このカテゴリの他の商品

閉じる
ログイン/新規会員登録