法人・個人事業主のお客さま

業種別の支援体制
閉じる

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、医療機関の業務継続が喫緊の課題となっています。
こうした状況を踏まえ、京銀SDGs 私募債「医療にエール」では、当行が発行企業様から受け取る発行手数料の一部を感染症指定医療機関へ寄付いたします。医療機関は、発行企業様に選択いただきます。
この商品を通して、発行企業様と当行は「持続可能な開発目標(SDGs)」の取り組みのひとつとして、医療機関への支援を行うことができます。

「医療にエール」の仕組み

「医療にエール」にの仕組み

  1. 私募債「医療にエール」を発行・受託
  2. 当行が指定する感染症指定医療機関の中から、発行企業様が寄付先医療機関を選択
  3. 当行から発行手数料の一部を医療機関へ寄付
  4. 当行ホ-ムペ-ジで事例の公表

私募債発行企業様のメリット

1.地域社会での社会貢献につながります

私募債発行時に、地域の感染症指定医療機関に対して、当行経由で金員を寄贈することができ、間接的に地域社会への貢献や地域医療機関への支援を行うことができます。

2.寄付のための煩雑な手続きが不要です

寄付に関する事務手続きは全て当行が行いますので、発行企業様での事務手続きは不要です。

3.寄付のための費用負担はございません

私募債の発行にかかる手数料の中から寄付いたしますので、発行企業様に寄付のための費用を別途ご負担いただく必要はございません。

商品概要

商品名 京銀SDGs 私募債「医療にエール」
対象 医療機関応援のニーズがあり、かつ、当行の私募債適債基準を満たすお取引先様
内容 私募債発行時に、発行企業様より受け取る私募債発行手数料の一部を発行企業様がご希望される地域の感染症指定医療機関へ寄付いたします
寄付対象 京都府、大阪府、滋賀県、奈良県、兵庫県、愛知県内の感染症指定医療機関のうち、当行が指定する医療機関の中から発行企業様に選択いただきます
取扱期間 2020年5月発行分~2021年3月発行分まで
取扱店 当行本支店(出張所およびネットダイレクト支店、振込専用支店を除く)
ご利用に際しては当行所定の基準があります。審査の結果によってはご希望にそえない場合がありますのでご了承ください。
取扱期間については変更することがございます。
お申込方法・ご利用の詳細につきましては、お取引店までお問い合わせください。

これまでの取組事例

発行企業様および寄贈先のご了解が得られた取組について、ご案内しております。

発行企業様、贈呈先の情報は、発行日現在のものです。

2020年8月末現在の寄付金総額:176万円

法人向けインターネットバンキング

  • 京銀インターネットEBサービス
  • でんさいサービス

経営者の皆さまに必要な情報を提供

  • 京銀プレジデントアソシエーション
サイトマップを開く