個人のお客さま

閉じる

「クレジットカードのショッピング枠の現金化」は会員規約に違反する行為ですので、ご注意ください

クレジットカードのショッピング枠の現金化は現金です!!

 最近、「クレジットカードのショッピング枠の現金化」に関する広告を、新聞、雑誌、看板、インターネット等で見かけますが、これらの決済にクレジットカードを利用することは、換金目的での利用にあたり、「会員規約に違反する行為」となります。

 万一、お客さまがこのような取引をされますと、会員規約違反として退会手続をとらせていただくことがあります。
 なお、お客さまご自身が思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もありますので、決してご利用にならないようにご注意ください。クレジットカードで現行紙幣・貨幣を購入することも「クレジットカードショッピング枠の現金化」に該当します。

 また、実在の金融機関名を使用し、「クレジットカードのショッピング枠の現金化」を案内するWEBサイトも存在しますが、当行は一切関与しておりませんので、十分ご注意ください。

一般社団法人日本クレジット協会のホームページでも注意喚起を行っています。詳しくはこちら

悪質な“有料メール交換サイト”等の利用によるトラブルにご注意ください

 最近、「出会い系サイト」をはじめとした「有料メール交換サイト」とお客さまとの間でトラブルが多発しています。
 このようなサイトでは、サイトで知り合った相手とメール交換をするために、たくみな勧誘により、ポイントを購入するよう誘導されるなどして、取り引きを継続させられた結果、気づいた時には高額な請求となってしまう場合があります。さらには、無料サイトを装って勧誘し、実際には有料サイトへ誘導する窓口となっている場合もあります。
 「有料メール交換サイト」を利用される場合には、悪質な業者もおりますので、ご利用を申し込みされる段階で以下の点に十分注意することが大切です。

「メル友になってほしい」「芸能人の悩みを聞いてほしい」「メール交換してくれればお金をあげる」「財産を個人的に贈与したい」などとお客さまをだまし、有料メールを続けさせるといった手口を用いるようなサイトのこと。

注意点規約・約款、ご利用のルール等をよくご確認ください。

サイトの利用やクレジットカード番号の入力の前に、規約・約款、当該サイトや案内メールなどの詳しいルールの記載(料金制度など)を十分に確認することが重要です。
利用に関する承諾ボタンを押すなど、お客さまが事前に承諾されていると解釈される場合には、ご利用後にサイト事業者とトラブルになっても、当該サイトに対して契約や請求の取り消しができなくなることがあります。

国民生活センターでも注意喚起を行っています。詳しくはこちら

無登録で金融商品取引業を行う海外所在業者とのクレジットカード利用におけるトラブルにご注意ください

 金融商品取引法に基づく登録を受けていない海外所在業者が、クレジットカード払いにより手軽に取引を始められるとの勧誘を行っている例が見受けられますが、利用者とのトラブルが発生しています。
 思わぬトラブルに巻き込まれる可能性がありますので、決してご利用にならないでください。
 万一利用された場合は、お客さまの自己責任となりますので十分にご注意ください。

金融庁でも注意喚起を行っています。詳しくはこちら
国民生活センターでも注意喚起を行っています。詳しくはこちら

個人向けインターネットバンキング

  • 個人のお客さま インターネットバンキング ログイン
  • 京都銀行ネットダイレクト支店
サイトマップを開く