個人のお客さま

閉じる

私たち京都銀行グループが、皆様に資産運用を提案をする際に、
心がけている『おもい』をまとめたものです。
これから資産運用を始められるお客さまのみならず、すでに始められている方も含めて、
すべてのお客さまにお読みいただければ幸いです。

客さまに納得感のある資産づくりを

  • お客さまとの対話を通じて、お客さまの意向や資産状況をよく知り、人生100年時代におけるライフステージに添った、適切な商品・サービスを提案いたします。
  • 「銀行・証券・信託」の機能・サービスの充実を図り、お客さまの人生のあらゆる場面においてもお役にたてるようなサポートを行っております。
  • お客さまの長期安定的な資産形成を支援するため、長期・積立・分散投資をご提案いたします。

う一歩わかりやすく、もっと丁寧に

  • さまざまな情報提供資料やコンテンツの拡充に努め、お客さまのライフプランに合わせたわかりやすい情報提供に努めております。
    また、ご要望に応じて個別相談やセミナーなどを開催しお客さまのお悩みの解決に努めております。
  • お客さまの保有資産の状況や市場の動向を踏まえて、長期的な視点に配慮したアフターフォローを行います。お客さまの投資判断に役立つ情報の提供を行い、わかりやすく、かつ丁寧に説明いたします。

※新型コロナ感染症拡大防止対策のため2020年7月よりWEBセミナーを実施しております。

  • 京都銀行ホームページ、スマートフォン(京銀アプリ)から、投資信託や保険のご相談をしていただける「ロボアドバイザー」の導入を行っております。

つでも、どこでも

  • お客さまの求めに応じたサービスをご提供できるよう、常にお客さまの声に耳を傾け、自己変革に挑んでまいります。
  • リモートによる相談業務の拡大や動画等の情報提供コンテンツの充実により、新しい生活様式に対応したコンサルティング態勢の構築に努めております。
  • お客さまの「大切な想い」と「大切なご資産」を次の世代につなぐお手伝いをするため、ワンストップでのコンサルティング機能をご提供いたします。

お客さまとの『おもい』の共有に向けて

『おもい』を、より具体的に、お客さまにわかりやすくお伝えするため、京都銀行グループでは「お客さま本位の業務運営に関する取組方針及び取組状況・指標(KPI)」を年度ごとに公表しています。ここでは、その一部をご紹介いたします。

更に詳しい数値等は、こちらでご確認いただけます。

投資信託+京銀証券預かり残高、取引先数

新規のお客さまを中心に順調に増加しています

ファンド別運用損益プラス先の平均保有期間割合

長期保有を続けることで安定した運用成果を期待することができます

【投資信託のご注意事項】

  • 投資信託は、値動きのある債券・不動産投信・株式などの有価証券(外国証券については為替変動リスクもあります。)等に投資しますので、有価証券の値動きにより基準価額は大きく変動します。したがって、元本および分配金が保証されるものではなく、元本を割り込むことがあります。
  • 銀行で取り扱う投資信託は、預金保険および投資者保護基金の対象ではありません。
  • 京都銀行は販売会社であり、設定・運用は各運用会社(投資信託委託会社)が行います。
  • 投資信託には、買付時のお申込手数料(申込金額に対し最高3.30%<税込>)ならびに換金時の信託財産留保額(基準価額に対し最高0.50%)が必要になり、保有期間中は信託報酬(純資産総額に対し最高年率2.20%<税込>)、監査費用、売買委託手数料、外貨建資産の保管などに要する費用等が信託財産から支払われます。また、一部のファンドでは、解約時に解約手数料(1万口あたり最高110円<税込>)が必要なものがあります。ファンド毎に異なりますので、詳細は投資信託説明書(目論見書)等によりご確認ください。なお、これらの手数料・費用等の合計額については、申込金額や保有期間等に応じて異なりますので、表示することができません。
  • 詳しくは窓口にご用意している最新の投資信託説明書(目論見書)等をご覧ください。

(2021年7月1日現在)

個人向けインターネットバンキング

  • 京銀ダイレクトバンキング(個人向けインターネットバンキング)ログイン
  • 京都銀行ネットダイレクト支店
サイトマップを開く
お困りの方はこちら
チャットでご質問 よくあるご質問
バナーを隠す