個人のお客さま

閉じる

募集期間内にお申込みください!

「京銀特約付外貨定期預金“洛楽外貨”」は預入日前に一定期間募集を行いますので、募集期間内でのお申込みが必要となります。募集条件(金利・期間等)は募集の都度決定いたしますので、詳しくは窓口にお問い合わせください。

募集条件の一覧はこちら

  • 「京銀特約付外貨定期預金“洛楽外貨”」は、判定日(満期日2営業日前)の為替相場により満期日に円償還となる特約をつけることにより、一定範囲で為替リスクを回避できる外貨定期預金です。
  • 判定日の為替相場が、あらかじめ定めた為替水準(特約履行判定相場)よりも円安(同値を含まず)の場合は、円償還特約により円転特約相場(=預入相場)で外貨元利金を円に戻して受取れます。
  • 一方、特約履行判定相場よりも円高(同値を含む)の場合には、円償還特約が消滅し、元利金は外貨のまま外貨普通預金に入金されますので、満期日以降に円に転換する場合、為替相場によっては、お受取円貨額が当初お預けになられた円貨額を下回る元本割れリスクがあります。

ご注意いただくポイント

  • 判定日の東京時間午後3時の為替相場によって、元利金のお受取通貨が円になるか外貨になるかが決まります。
  • 外貨で元利金をお受取りになり、満期日以降に円に換えられる場合、為替相場によっては当初のお預入金額を下回る可能性があります。
  • 外貨で元利金をお受取りいただき、円に換えられる場合、手数料(1米ドルあたり1円、1豪ドルあたり2円)を含んだ当行所定の為替相場TTBを適用します。
  • 円で元利金をお受取りになった場合、満期日の為替相場がお預入日の為替相場より円安となっていても、円安メリット(為替差益)を享受することはできません。
  • 中途解約はできません。当行が真にやむを得ないと認め、満期日前に解約する場合には、当行所定の利率(当該通貨の外貨普通預金金利)が適用され、また所定の方法により算出した違約金を申し受けますので、解約元利金が当初のお預入金額を下回る可能性があります。詳しくは「満期日前解約に伴う違約金についてのご注意事項」をご確認ください。
  • 当行の信用状況によっては、お客さまが損失を被るリスク(元本欠損リスク)があります。また、預金保険の対象外となっております。
  • 募集期間中のお申込みの取消しはできません。
  • 募集金額が一定額に達しなかった場合や市場環境の急激な変動があった場合、募集を中止することがあります。

個人向けインターネットバンキング

  • 個人のお客さま インターネットバンキング ログイン
  • 京都銀行ネットダイレクト支店
サイトマップを開く