個人のお客さま

閉じる

投資信託って?

投資信託とは、多くの投資家から集めた資金をひとつにまとめ、運用の専門家が債券・不動産投信・株式等の値動きのある有価証券等に分散投資し、その運用の成果を投資家の持ち分に応じて分配するしくみの金融商品です。

■ 投資信託のしくみ

投資信託のしくみ

投資信託のおすすめポイント

少額から投資ができます

メリット
1

少額から投資ができます

ある程度まとまった資金が必要な株式等とは異なり、投資信託は少額からご投資いただけます。

分散して投資をします

メリット
2

分散して投資をします

投資信託は複数の銘柄を組み合わせて投資を行っているので、単一銘柄への投資と比較して価格変動等のリスクを低く抑えることが期待できます。

専門家が運用します

メリット
3

専門家が運用します

投資信託では、運用の専門家がお客さまに代わって情報収集を行い、効果的な運用を行います。

投資信託は、どのようなものに投資するの?

債券

国や地方公共団体、企業等に「お金を貸す」ということと同じ効果が期待できます。

※表示している金利についてはあくまでも例示であり、実際の金利とは異なります。

株式

企業に出資をする( 会社の一部を買う) ということと同じ効果が期待できます。

※投資信託の購入が、議決権等株主という地位を獲得するものではありません。

不動産投信

小口の資金で不動産を買うことと同じ効果が期待できます。

※リートは主として「賃貸不動産」に投資する「投資信託」のことです。

バランスファンド

ひとつのファンドで地域分散・資産分散効果が期待できます。

個人向けインターネットバンキング

  • 個人のお客さま インターネットバンキング ログイン
  • 京都銀行ネットダイレクト支店
サイトマップを開く