個人のお客さま

閉じる

インターネットバンキングのサイトの正当性を簡単に確認するためのEV SSL証明書について

京都銀行では、京銀インターネットEBサービス(法人向けインターネットバンキング)と 京銀ダイレクトバンキング(個人向けインターネットバンキング)にEV SSL証明書を導入しました。

EV SSL証明書は実在する運営者の正当なサイトであることを証明する規格で、正当なサイトの場合はアドレスバーを「緑色」で表示します。

確認方法

EV SSL証明書では、「ブラウザのアドレスバーの色」と「サイトを運営する企業名の表示」の2点を確認することにより、正当な京都銀行のサイトであることを確認できますので、京都銀行に見せかけたサイト(フィッシングサイト)を視覚的に簡単に判別できるようになります。

現在、EV SSL証明書に対応してアドレスバーが緑色に変化する等の仕組みがご利用いただけるブラウザごとの確認方法は、以下の通りです。

【ブラウザごとの確認方法】

  • Internet Explorer7.0以上の場合
    アドレスバー全体の背景が緑色になります。
    また、「サイトを運営する企業名」と、EV SSL証明書を発行した認証局名が交互に表示されます。
  • Fire Fox 3.0以上の場合
    アドレスバーの左側が緑色になり、「サイトを運営する企業名」が表示されます。
    また、緑色の部分にポインタを置くと認証局名を表示し、クリックすると証明書の内容が表示されます。
  • Safari 3.2以上の場合
    鍵マークの隣に「サイトを運営する企業名」が緑色の文字で表示されます。
    また、「サイトを運営する企業名」をクリックすると証明書の内容が表示されます。
サイトマップを開く