個人のお客さま

閉じる

京都銀行と共に今から考えるライフプラン

指のアイコンTopics就職活動における『ビジネスマナーについて』

人として基本的な常識があり、正しいマナーを心得ていると、相手に好印象を与えるだけでなく、社会人としての高評価を得ることができます。
社会人になる前に、必要不可欠なマナーを身につけましょう。

ビジネスマンとして習得すべき『ビジネスマナー』とは?

スーツの女性

「ビジネスマナー」とは、社会人としてのマナーを指し、会社の上司や先輩、同僚、取引先、お客さまなど、さまざまな人とのコミュニケーションや来社したお客さまの対応をしたりするときに必要なものです。
新入社員はもちろんのこと、中堅社員もときどき初心にかえり、自分の言動やマナーを振り返ってみることが大切です。
社会人に求められる基本的なビジネスマナーには、下記のようなものがあります。

基本的なビジネスマナー

  • ① 清潔感のある服装や身だしなみ
  • ② 立居振る舞い(立ち方、座り方など)
  • ③ 場面場面に対応した挨拶やお辞儀
  • ④ 正しい言葉使い
  • ⑤ 適切な電話対応
  • ⑥ 基本に則したメールや文書の作成

『ビジネスマナー』の必要性とは?

スーツの女性

「なぜ、ビジネスマナーを習得しておく必要があるのでしょうか?
人は一般的に視覚で捉えた情報から判断する傾向があります。人に会った時の身だしなみや服装、言葉使いなどでその人の性格を想像します。また、聴覚で捉えた言葉使いなどから、「誠実そう」とか「信頼できそう」とか「元気が感じられない」といった印象をもちます。
実際に会って会話を交わす前から感じるイメージを「第一印象」といいます。
初めて人に会う機会が多いビジネスシーンにおいては、最低限のビジネスマナーを身につけておく必要があります。
ビジネスマナーを身につけておかないと、相手に不愉快な思いをさせたり、失礼な振舞いから思わぬ失敗を招いたりすることがあります。
会社を一歩出たらあらゆるシーンにおいて会社の代表者としての意識をしっかり持つことが必要となります。

ライフプラン topics

(2017年2月現在)

サイトマップを開く
お困りの方はこちら
チャットでご質問 よくあるご質問
バナーを隠す