個人のお客さま

閉じる

当行における保有個人データに係る開示請求を受け付ける場合の手続は、次のとおりです。
なお、保有個人データに係る訂正、追加、削除、利用停止等、または第三者への提供の停止については、個別にお申出ください。

1. 開示の対象
当行におけるお客さまご自身の保有個人データ等(不渡情報を含む)
(注) (注)公益その他の利益が害されるものについては対象となりません。
2. 開示を請求できる方
(1) お客さまご本人
(2) お客さまご本人が委任した代理人
(2) お客さまご本人が未成年者の場合の親権者
(2) お客さまご本人が成年被後見人の場合の法定代理人
3. 開示請求の受付窓口
お取引店(ご来店または郵送受付)
4. 開示請求の手続
(1) ご提出いただくもの
当行所定の開示依頼書(お届出印を押印いただきます)
開示の対象となるお客さまご本人の本人確認書類
代理人の本人確認書類(代理人からのご請求の場合)
代理権を証する資料(代理人からのご請求の場合)
  • お客さまご本人が委任した代理人の場合…委任状
  • 未成年者の親権者の場合…戸籍謄本、住民票等
  • 成年後見人の法定代理人の場合…登記事項証明書
(2) 回答方法
次のいずれかの方法により回答致します。
ご本人の届出住所への郵送
店頭での交付
開示依頼書において指定いただいたメールアドレスへの電子メールの送信
なお、開示請求にかかる調査のため、回答に一定の日数を要する場合があります。
(3) 手数料
原則として、当行所定の手数料(基本料金+従量料金)を口座振替(当行のご本人名義の口座に限ります)または現金によりお支払いいただきます。

開示請求にあたっての本人確認書類について

開示請求にあたっての本人確認書類は、次のとおりです。
次の(1)または(2)のいずれかによる書類が必要です。

(1) 顔写真付で氏名、生年月日および住所を確認できる公的書類のうち1点
①  運転免許証
②  パスポート
③  個人番号カード
④  住民基本台帳カード
⑤  外国人登録証明書
⑥  在留カード
⑦  特別永住者証明書
(2) 上記(1)以外の書類の場合には、次の公的書類のうち2点
①  各種健康保険証
②  各種年金手帳(証書)
③  各種福祉手帳(証書)
④  印鑑登録証明書
⑤  住民票の写
⑥  住民票の記載事項証明書
⑦  戸籍謄本・抄本
(注)1. 来店される場合には、本人確認書類の原本をご持参ください。
2. 郵送または代理人の方が来店され手続をする場合には、ご本人の本人確認書類については、上記(1)または(2)の書類のコピーを同封または持参してください。
3. 代理人の方が来店され、手続をされる場合には、代理人の方の本人確認書類(上記(1)または(2)の書類)の原本をご持参ください。
4. 本人確認書類については、有効期限があるものについては提示または送付された時点で有効なもの、有効期限がないものについては提示または送付された日から6か月以内に発行されたものに限ります。
5. 上記(1)⑤の書類については、「外国人登録制度」廃止後も、所定の期間、上記(1)⑥または⑦の書類とみなされます。詳しくはお取引店までお問い合わせください。

手数料について

開示請求にあたって必要となる手数料は、次のとおりです。
(複数通のご請求がある場合、1通ごとの合計額となります。)

  • 当行保有個人データの開示手数料(1通あたり、消費税込み)
    • ご依頼開示情報が「氏名」「住所」「生年月日」「性別」「電話番号」「電子メールアドレス」「勤務先情報」「所得額」「家族情報」「口座番号」「預金残高」「借入残高」「取引明細」の場合

      基本料金1,100円+従量料金(※)

    • ご依頼開示情報に上記以外の項目が含まれる場合

      基本料金2,200円+従量料金(※)

    従量料金:回答が1通につき6枚以上にわたる場合、6枚目以降1枚につき110円)
    開示請求された個人データが存在しない場合も、上記手数料をお支払いただきます。
  • 不渡情報の開示手数料(1件あたり、消費税込み)  1,100

(2022年4月1日現在)

サイトマップを開く