個人のお客さま

閉じる

ワンタイムパスワードとは?

「ワンタイムパスワード」とは、お客さまのスマートフォン等の京銀アプリ(またはワンタイムパスワードアプリ)上に表示された、一回限りのパスワードをスマートフォンやパソコン、タブレット等の京銀ダイレクトバンキング画面に入力し、本人認証を行うものです。
万が一、スパイウェア(※1)やフィッシング(※2)などの犯罪行為により、ログインパスワード等を不正に盗まれたとしても、「ワンタイムパスワード」による本人認証が必要となるため、第三者による不正取引防止に有効な対策となります。
ご利用にあたっては、京銀アプリまたは京銀ダイレクトバンキングで、ワンタイムパスワードの初期設定(利用開始)手続きを行ってください。(ご利用手数料は無料です。)

(※1)スパイウェア
パソコン内で動作し、ユーザーの個人情報等を収集したりすることができるソフトウェア。このソフトウェアの作成者が機能を悪用し、インターネットバンキングのサイトなどで入力したIDやパスワードをお客さまが気付かないうちにソフト作成者自身に送信されたり、搾取したりします。

(※2)フィッシング
金融機関等からの正規のメールやwebサイトを装い、偽のwebサイトに認証情報を入力するように誘導して、サービスにログインするためのIDやパスワードを搾取する不正行為をいいます。

1. 60秒ごとに変わる、「1回限り」のパスワード
2. お客さまのスマートフォン等だけに表示

スマートフォン画面イメージ

▲スマートフォン画面イメージ

この部分に、60秒ごとに更新されるパスワードを表示します。
スマートフォン等でご利用いただけますが、一部の機種ではご利用いただけない場合がございます。

ワンタイムパスワードアプリが利用できる
スマートフォン用対象OS一覧はこちら

ワンタイムパスワードが利用できる
携帯電話機種一覧はこちら

ワンタイムパスワードのご入力が必要なお取引

以下の「重要なお取引」では、ワンタイムパスワードのご入力が必要となります。
(ワンタイムパスワードを利用されてないお客様は、ご利用いただくことができません。)

都度振込、税金・各種料金の払込み(民間のみ)、住所・電話番号変更、ワンタイムパスワード(トークン)再発行

  • その他、パスワード等を失念された際のウェブ申込(ログインパスワード変更、合言葉の初期化等)のお手続きにもワンタイムパスワードのご入力が必要な場合があります。
  • スマートフォンでのご利用では、京銀アプリ(またはワンタイムパスワードアプリ)から、そのままログイン操作ができることから、引続き「ログイン時」にワンタイムパスワードをご入力ください。

京銀アプリ(またはワンタイムパスワードアプリ)における生体認証ログイン機能

スマートフォンでのご利用時に、京銀アプリ(またはワンタイムパスワードアプリ)からスマートフォンに搭載されている生体認証機能、および、ワンタイムパスワードを利用して、本人認証を行います。なお、本機能を利用した場合、会員番号およびログインパスワードの入力(以下「パスワード入力」という)は不要となります。

本機能のご利用は、iOS 9以上、Android 6以上の、生体認証機能を搭載しているスマートフォンに限ります。
本機能を利用するためには、京銀アプリ(またはワンタイムパスワードアプリ)で本機能の利用登録を行う必要があります。
本機能の利用登録後も、「パスワード入力」によるログインができます。また、生体認証ログインの利用解除もできます。

<画面イメージ>

  1. ①京銀アプリ(またはワンタイムパスワードアプリ)で「ログイン<生体認証>」ボタンを押してください。

    生体認証ログイン画面イメージ①
  2. ②スマートフォンで生体認証してください。

    <Android 端末の場合><iOS 端末の場合>

    <Android 端末の場合>
    生体認証ログイン画面イメージ②
    <iOS 端末の場合>
    生体認証ログイン画面イメージ③
  3. ③京銀ダイレクトバンキングのトップ画面が表示されます。

    生体認証ログイン画面イメージ④

※京銀アプリ(またはワンタイムパスワードアプリ)上の「パスワードでログイン」ボタン、「生体認証でログイン」ボタンで切替を行う。

  • 生体認証ログイン画面イメージ⑤
  • 生体認証ログイン画面イメージ⑥

ワンタイムパスワードの利用開始手続き

◎ご利用手数料
無料

お問い合わせ

京都銀行ダイレクトバンキングセンター

0120-075-209

受付時間 9:00~17:00(月~金)
※ただし銀行の休業日は除きます。

サイトマップを開く