金融機関コード:0158

かりる特設サイト

文字サイズ

お客さまのライフプランにあわせた返済計画を立てるためのポイントをご紹介します。

返済計画にあわせた3つの金利タイプ

変動金利型

今の金利水準が魅力的。
当面の返済額を少なくしたい。

変動金利がおススメ!

お借入期間中、市場金利に応じて金利が変動するタイプです。
お借入れ後に他の金利タイプへ変更することも可能です。

固定金利型

今は子どもの教育費で出費が多い時期・・・
しばらくの間は、返済額を確定させておきたい。

固定金利がおススメ!

一定期間だけ固定金利を選択するタイプです。
固定期間が終了すれば、変動金利にするか再度固定金利にするかお選びいただけます。

全期間固定金利

将来的な金利の動きなんてわからない・・・
長期的に返済計画を考えたいので、住宅ローンの返済額は今のうちに確定させたい。

全期間固定金利がおススメ!

お借入れ期間中は金利が変わらないタイプです。
あらかじめ返済額が確定するので、月々の返済計画が立てやすくなります。

金利タイプの種類

3つの金利のタイプは、それぞれメリットとデメリットが存在します。タイプごとに異なる点を確認しましょう。

変動金利

変動金利型の図
特徴
市場金利の変動に応じ、適用金利が変わります。
年2回見直しを行います。
お借入れ後に、固定金利を選択することも可能です。
返済額
5年ごとに返済額を見直します。
(ただし、元利均等返済の場合、変更前の返済額の125%までが限度となります。)
メリット
市場金利が低下すると、合わせて適用金利も低下するので、金利低下のメリットを享受できます。
デメリット
返済期間中に市場金利が上昇すると、合わせて適用金利も上昇します。

固定金利

固定金利型の図
特徴
お選びいただいた期間(2,3,5,10,15,20年)の金利が確定いたします。なお、15、20年固定金利はお借り入れ当初のみお選びいただけます。
固定金利特約期間終了後は変動金利または固定金利を選択することが可能です。
返済額
固定金利期間終了後に、返済額を見直します。
メリット
一定期間固定金利のメリットが享受できます。
固定金利特約期間終了後は変動金利または固定金利を選択することができます。
デメリット
一定期間は返済額が確定しますが、固定期間終了後の返済額は確定しません。

全期間固定金利

全期間固定金利型の図
特徴
お借入れ時に、完済までの金利と返済額が確定します。
返済額
完済まで一定です。
メリット
借り入れ時に返済期間全体の返済計画が確定します。
市場金利が上昇しても返済額には影響しません。
デメリット
他のタイプよりも一般的に、金利水準は高くなります。
また、市場金利が低下した場合でも適用金利が変わりません。

返済方法について

住宅ローンの返済方法は、「元利均等返済」「元金均等返済」の2種類があります。

元利均等返済

元利均等返済のイメージ図
特徴
月々決まった額(元金+利息)を返済する方式です。
メリット
毎回の返済額が同じなので計画が立てやすい返済方法です。
当初の返済額は元金均等返済に比べて小さいので負担が少なくなります。
デメリット
元金均等返済に比べて総返済額が多くなります。

元金均等返済

元金均等返済のイメージ図
特徴
月々決まった元金に、利息を加えた額を返済する方式です。
メリット
毎回、一定額の元金を返済していくので、元利均等返済に比べて総返済額が少なくなります。
デメリット
借入れ当初の元金が多い時期は、利息が多いので毎月の返済額が多くなります。

住宅ローンは一般に借入金額が大きく返済期間も長期になりますので、返済方法によって総返済額にも大きな違いがでてきます。ライフプランも含めて中長期的な観点で返済方法を検討しましょう。
また、どちらの返済方法の場合でも計画的に繰上返済を併用し、少しでも総返済額を少なくすることが重要です。

金利について

新規もお借り換えも、金利プランをご準備しています。

住宅ローンシミュレーション

お借入金額やお借入期間のご検討にご利用いただけます。

お近くの店舗を探す

受付時間 9:00~15:00(月~金)
※ただし銀行の休業日は除きます。